AWSで初めてのVPS

VPSとはバーチャル・プライベート・サーバの略。

確かにサーバーなのだけど、MT4を動かす目的なのでWEBサイトを立ち上げるわけでもなく、OSがWindowsということもあって、感覚的には離れた場所にあるパソコンを遠隔操作する気分。

これは便利。

結局、AWSでアカウントを作るところから(クレジットカードとSMS受信のため電話番号が必要)、EC2というインスタンスを立ち上げて(つまりWindows環境作って)設定をするまでに一時間もかからなかった。

かんたーん。

うまくいかなくても無料なわけだし、こんなことなら早くやってみればよかった。

ただし12カ月の無料枠で利用できるWindowsは英語版のため、日本語化も必要だった。

 

自分のPCからファイル転送するにもFTPも必要無し。

ドラッグアンドドロップするだけ。

MT4のインストールもPCからポンと転送してあっという間に終了。ラクラク

自宅のネットワーク環境が脆弱なせいか反応が少し遅いが許容範囲。

いちいち日本語が見えたらパチパチパチパチ、ドラッグ&ドロップでコピーできた、とパチパチパチパチ、と手をたたき喜ぶ自分に苦笑。

 

設定にあたって色々なサイトを参考にさせていただいたのだが、本来は接続するIPアドレスを制限すべきものらしい。

「マイIP」というのを選択すると自分の接続環境からのみRDPを絞ることができる。

とはいえ、私はWimaxを利用しているため、おそらくコロコロとIPが変わるはず。

調べたところ「グローバルIPアドレスオプション」というWimaxのオプションサービスを利用すると固定のグローバルIDが割り振られる模様。月額プラス96円(税抜)とのこと。安いな。

つまり。100円程でセキュリティ込みのマイサーバーが手に入るということ。

さて、次はEA導入だ。

Amazon AWSとの出会い

MT4でEA自動売買を試してみたい、と思い環境を整えようと考えたのが前回。

ひとまず無料で1年利用できるというAmazonAWSを試してみようかと。

ユーザ登録しようとしたところ、既存のアカウントです、とのこと。

むむむ?

Gmailで検索したところ、ありました。

 

確かに2006年の2月に既に登録しています。

どうやらサービスが始まった当初にワタクシ飛びついていた模様です。

で、そのまま放置していたんですね。

f:id:lingtam:20181211144906j:plain

今や山のようにあって複雑なAWSですが、このころはサービス2つというシンプルさ。


ログインしてみたら当時の品川の住所が出てきたものの、クレジットカード空欄。

おそらく当初は課金無しだったんでしょうね。

ということで、振出しに戻り。

別のメールアドレスでアカウント作りますかね。

また進んでない。。。

 

FX初心者がぶつかる壁を大きくしてみるの巻

FXの取引を自動化してみる、かな。

MT4てのを使ってみたいかも、とは思っていたのだけどなかなか手が回らず。

とりあえずインストールしてみたところ、で取引すらしていない状況。

 

EAを導入したい。と思った時点で、壁が見えた。

寝てるときも油断してる時も取引してくれる、つまり24時間自分だけのためにプログラムが動く、にはサーバが必要なのね。

みんなEAを動かすためにVPSの契約をしているらしい。

VPSの費用について調べてみたところ、月額2000円以上するとか。

FX用、ってなんのことかと思えばMT4インストール済ってだけ?

うーん。

とりあえず試してみたいんだけどなぁ。

どーしよかなー。

もっと安いの無いかな、とぐるぐる検索していると、WindowsOSではなくLinuxでMT4を動かすというツワモノ発見。

MT4がLinux対応してるわけではなく、なんちゃってWindows化してくれるWINEで動かすとか。ほっほぉ。面白い。

で、あれば。家に転がっているWindowsXPのノートPCを自宅サーバーにしてしまうという手もありか。

どんどん方向ずれている気がするけど。

とりあえずLinuxにOS入れ替えてみようかな。

 

流行りのUbuntuが32bitサポートしないとのこと。

そもそも2007年頃のVAIO君では動かないか。

いずれ子どものおもちゃにしようかと取っておいたんだけど非力すぎ?

ぅーん。CentOSにするか。

 

おとなしくWindows使えるVPSをさっさと契約しておけ、と頭の片隅で冷静な声が。

 

--------

もう一台眠ってるPCがあったはず。引きずり出してみた。

お、Windows7だったらそのままMT4インストールできる!

と喜んだのもつかの間。めちゃくちゃ重かった。

そうだった。起動で5分、WEB検索がイライラ検索にしかならなくて買い替えたんだった。

ハロウィン

随分前に作ったハロウィン風キャラ弁と夕食。

f:id:lingtam:20181031162832j:imagef:id:lingtam:20181031162846j:image

 

今日が本番だけどね。

しかし。日本人の子どもが「とりっくおあとりーと」ってワケも分からず呪文唱えるのに違和感あり。

ちゃんとした発音で英語で言ったら「違うよ」とカタカナ英語で直された。意味わからない。

 

徒歩75分

田舎の物件には徒歩60分以上がザラ。

 

最初は徒歩30分で何それ?と驚いていた。

不動産は駅からの距離を徒歩で示すのが一般的。とは言え、1時間以上だと歩かないでしょ、というツッコミをしたくなる。

東京都心だったら徒歩1時間圏内の駅数えたら幾つあるか書ききれなくなりそう。

 

まぁでも同じ単位で書かなければ比較するにも目安として役に立たないわけで、仕方ないのかな。

 

建築士って、マルチタレントすぎ?

建築家というお仕事はかっこよすぎる。

 

家に関する本を色々読み漁り、WEBサイトを徘徊している。

建築士と一言で言っても領域も得意分野も様々だろうけど。

私から見て何よりかっこいいのは「絵を描ける」こと。

さらっとパース図を描いてみたり。著書の挿絵がキュートだったりする。

いいな、いいな、あんな風に絵を描けたらいいな。

 

右脳だけでなく左脳も。

もちろん構造計算したりするし、基本的に「数字に強い」。

3次元を考える空間把握ができる。

資格とるには法律も押さえないといけない。

建築の確認申請するには細かい事務処理も必要となる。

土地や環境を読み取る力も求められる。

監理で現地に行き現場指示もする必要あり。

新建材やら新設備やら新技術やら山のように出てくるから、日々勉強し続けないといけない。

インテリアや美術的なセンスも求められる。

 

そして何より。人とコミュニケーションをとれないといけない。

フツーの接客というレベルでなく。

施主の求めるものを吸い上げる、膨らませる、カタチにするということ。

これはとても難易度が高いように思われる。

 

家というのは暮らし方により千差万別。

つまりは生き方そのもの。

となると、それを汲み取るのは人生のコンサルタント的なワザではないのか。

 

全てにおいて万能な人は稀有だろうが。

それでもやっぱり文武両道じゃなくて文理芸交マルチタレント。

すごいなぁ。

 

しかし。

この業界にブラック企業なんて言葉はない、とある建築士が言っていた。

もれなくブラックだから。